咬み合わせ治療

顎関節症

  • 顎関節症は、現代社会のストレスや自立神経の乱れなどの要因が伏線としてあります。
    近年では、子供からお年寄りまで、幅広い世代で症状がみられている病気です。
  • 顎関節症の特徴は、女性の患者さんが多いことです。(比率は男性の倍以上)
    症状の出始めは10代の中頃から始まって20~30歳代がピークとなっています。
    女性に症状が多くみられる傾向は、「筋肉の緊張やストレス」に対しては、女性の方が敏感で、感受性が豊かで、健康への関心も人一倍高いからだとも言われています。
  • 「あごが痛む」「あごが鳴る」「口が大きく開かない」など具体的な症状が日常生活の中で出ている方、これは顎関節症の三大症状の慢性疾患です。
    是非、専門である「歯科医院」に早めにご相談されることをお薦めいたします。
  • 顎関節症の症状は様々です。 代表的な下記症状以外にも、「頭」が痛い、「首」や「肩」や「背中」に痛みがでたり、全身の様々な部位にいろいろな症状が現れてきます。 このような症状が出てきたら一度歯科医師に診てもらうことをお薦めいたします。
あごが痛む! あごが痛む!
顎関節や、その周りの「ほほ」や「こめかみ」などに痛みがある。
口の開け閉めや、あごを動かしたとき、食べ物を噛むとき等に痛むのが大きな特徴です。
あごを動かすと音がする! あごを動かすと音がする!
あごを動かすと耳の前あたりでなにか音がする。
「ポキンポキン」「カクカク」「シャリシャリ」など音がする感じがする。
口が大きく開けられない! 口が大きく開けられない!
【1】口が大きく開けられない。
【2】いきなり口が開かなくなる。
【3】徐々に開きづらくなったりする。
正常開口は縦に40~50mmで30mm以下は開口障害といわれています。
噛み合わせに違和感がある! 噛み合わせに違和感がある!
あごの関節や筋肉に問題があるとあごの動きに変化が生じて、噛み合わせが変わることがあり、このように感じたときは顎関節症を疑った方がいいです。
口を完全に閉じられない! 口を完全に閉じられない!
あごの関節内の構造が異常となり上下の歯列の間にスキマができて、口が完全に閉まりづらいケースもあります。
噛みしめ(くいしばり) 噛みしめ(くいしばり)
歯と歯が接するのは1 日15分程度とされています。日常生活で歯を使う際、上と下の歯が接触して徐々にすり減ってしまう現象がありますが、歯ぎしりや噛みしめ(くいしばり)などにより、さらに歯がすり減ってしまうと、正常な咬みあわせより低くなってしまい、顎に負担がかり、顎関節症の原因の一つとなってしまいます。
歯ぎしりはギリギリと音をたてますが、噛みしめ(くりしばり)は、夜寝ているあいだの無意識のうちに音もたてずに行われていることもあり、まわりの方も気がつかないのです。

咬み合わせ

当院の院長、副院長はそれぞれ咬み合わせ指導医・認定医(特定非営利活動法人 日本顎咬合学会)を取得しております。
上と下の歯をカチカチ咬み合わせた時には、均等に当たるようなかみ合わせが望ましいです。また、食べるときは色々な方向に顎を動かしています。その時に顎の動きが制限されすぎているようなものや自由に動きすぎるものはあまり好ましくありません。顎の動きを司る神経や筋肉に負担がかかってしまいます。異常な咬み合わせが食いしばりや歯ぎしりなどを誘発し、歯を痛めたり、顎関節症を引き起こしたりします。
トップへスクロール